ここから本文です

新日本プロレス・木谷オーナーがモデルデビュー!? ファッションショーでランウェイ歩く

10/19(土) 23:17配信

スポーツ報知

 新日本プロレスのオーナーでブシロード取締役の木谷高明氏が、なんとファッションモデルデビューした。19日、東京・渋谷ヒカリエで行われたファッションブランド「GUT’S DYNAMITE CABARETS」(ガッツダイナマイトキャバレーズ)のファッションショーに、木谷氏がモデルとして登場。黒の上下、サングラス姿で、さっそうとランウェイを歩いてポーズを決めた。

 「GUT’S―」はプロレスラーのコスチュームなども手掛けており、棚橋弘至、オカダ・カズチカ、後藤洋央紀がモデルとしてショーに参加したこともある。今回は新日本が新潟県内で興行を行っており不在だったことから、オーナーの木谷氏、さらには武藤敬司(WRESTLE―1)、清宮海斗(プロレスリング・ノア)、さらには神取忍(LLPW―X)、女優の美保純らもショーに登場した。

 「生まれて初めての経験でしたが、すごく楽しかったです。2013年、東京ドームで桜庭選手のセコンドとしてバケツを持って歩いた時以来の感動でしたね」と初めてのランウェイ体験を振り返った木谷氏。2013年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で中邑真輔と桜庭和志が対戦した際、木谷氏は桜庭のセコンドについて花道を歩いている。「GUT’S―」のデザイナーであるCABARET AKI(キャバレー・アキ)氏は「レスラーの方はもっと長い東京ドーム(の花道)とかを歩いておられるので手慣れたものですけれども、木谷さんもうまいですよね。普通にカッコいい感じでした。リハーサルからすごいと思いました」と、堂々たる歩きっぷりに感心していた。

最終更新:10/20(日) 4:18
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事