ここから本文です

鼻の中の乾燥や便秘が気になるときに 秋の潤い薬膳ブレンド茶の作り方

10/19(土) 12:25配信

Hint-Pot

 今年は、10月に入っても暑い日が続き、また台風などもあり、目まぐるしさを感じます。そろそろ乾燥が気になる季節に。鼻の中の乾燥や便秘が気になる人は、びわ茶とはとむぎ茶で作る薬膳ブレンド茶が良いそうです。びわの葉のお茶は、薬膳の知恵では「肺を潤す」ということで、冬の時期にも活躍するそうです。ヨガインストラクターで薬膳フードデザイナーの村上華子さんが「秋の潤い薬膳茶」の作り方をお届けします。

【写真】「びわの葉」は万能 冬の時期にも活躍 薬膳茶レシピ

 ◇ ◇ ◇

薬膳の知恵 びわの葉茶とはとむぎ茶で

 二十四節気では「寒露」を迎えました。朝晩の涼しさに加えて、日中でも上着を羽織はじめる心地よい気候ですね。とはいえ台風の影響などで、蒸し暑さを感じる日も混在したり、なんとなく落ち着かない目まぐるしい実感もあります。

 秋の空気の特徴は、いよいよ乾燥を増してきた……という感じです。呼吸器や腸の粘膜を守り、風邪をひかないように注意したいもの。ここ最近、鼻の中の乾燥感や便秘が気になるという人は、今からしっかり秋の養生をしていきましょう。

 そのコツは、消化力を上げるということ!  夏に冷たい飲食物を食べ過ぎておなかの調子が弱ると、飲食物から「衛気(えき・ウィルスや細菌などの侵入から身を守るバリアの機能)」を作り出せず、免疫力を低下させることに。つまり、消化を整えることは、元気の要なのです。食欲の秋とは言うけれど、不調を感じる方は、消化のよい食事を心がけ、おなかを冷やさないように養生するのがポイント。消化の力がしっかり働きだすこと(運行すること)で、体の隅々まで潤い、乾燥が原因になっている便秘を解消し、乾いた咳や風邪からも身を守ります。

 そこで、今日ご紹介する薬膳茶は、喉や鼻、肺といった呼吸器官を潤す「びわの葉茶」をメインに、水分代謝を促す「はとむぎ茶」、そして、トッピングにはインド料理などよく使われる「フェンネル」を加えました。フェンネルは中医学で「ウイキョウ」という名前の生薬として扱われ、停滞しているものを動かす働きがあることから、消化を促し、おなかを温める効果が期待されています。

1/2ページ

最終更新:10/19(土) 12:25
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事