ここから本文です

【インド】日系リチウムイオン電池合弁、740億円投資へ

10/19(土) 10:08配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 インドでの自動車用リチウムイオン電池製造を目指すスズキ、東芝、デンソーによる合弁会社は14日、工場設立に490億ルピー(約740億円)余りを投じることでグジャラート州と覚書(MoU)を締結した。15日付PTI通信が報じている。

 合弁会社「オートモーティブ・エレクトロニクス・パワー(AEPPL)」は、同州ハンサルプルで工場建設を進めている。2017年9月に行われた定礎式にはナレンドラ・モディ首相と訪印した安倍晋三首相が出席している。

最終更新:10/19(土) 10:08
INDO WATCHER ビジネスプレミアム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事