ここから本文です

【医師に聞く】「目をこすっちゃダメ」っていうけど、実際どう危ないの?

10/19(土) 8:00配信

Medical DOC

かゆみなどが感じられたとき、思わず目をこすってしまうことはないだろうか。「安藤眼科クリニック」の安藤先生によると、目の圧迫には、さまざまな弊害が伴うそうだ。とはいえ、放置できない耐えがたさが、かゆみの特徴でもある。そこで、こすらずに済ませられる対処法も含め、詳しい話を伺った。

[この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】
安藤靖恭先生(安藤眼科クリニック 院長)
慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部眼科入局、同眼科専任講師、北里研究所病院眼科部長などを経た2017年、東京都練馬区に「安藤眼科クリニック」開院。慶應義塾大学病院やその関連病院で体得した診療・研究内容を、地域医療に生かしている。医学博士、日本眼科学会認定眼科専門医。日本眼科手術学会、日本眼炎症学会、日本緑内障学会の各学会所属。

目に限らず、まぶたにも悪い影響が

編集部:
「目をこする」という行為は、ズバリ、危険なのでしょうか?

安藤先生:
危険です。目をゴシゴシこするのは良くありません。まず考えられるのは、摩擦による眼球の傷ですね。傷口からの炎症や、感染症の併発などが考えられます。こうなると、ますますかゆみが増して、悪循環を起こしていきます。

編集部:
目の機能や構造にも、影響が出るのですか?

安藤先生:
強い力で目を変形させているわけですから、十分に考えられます。具体的な影響としては、目のレンズにあたる水晶体が白く濁る白内障、水晶体のぐらつき、映画のスクリーンにあたる網膜という部分が傷付く網膜剥離などです。

編集部:
眼球以外の影響はどうでしょう?

安藤先生:
まぶたの皮膚は薄く、炎症を起こしやすいので注意してください。赤くなるだけでなく、クマのような色素沈着を起こす場合もあります。また、ご高齢者に多い“まぶたのたるみ” も生じやすいとされています。

編集部:
とくに注意が必要な人、リスクの高い人は?

安藤先生:
近視の強い人は、眼球が縦長に伸びているため、網膜剥離を起こしやすいとされています。網膜が薄くなっているからです。また、アトピー性皮膚炎や花粉症の方は、目をこする機会そのものが多いので注意が必要です。

1/2ページ

最終更新:10/19(土) 8:00
Medical DOC

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ