ここから本文です

三代目JSB 今市隆二のアパレルブランドがポップアップショップ! 新曲の世界観表現

10/19(土) 0:37配信

TOKYO HEADLINE WEB

  今市隆二(三代目 J SOUL BROTHERS)によるアパレルブランド「RILY」のポップアップショップ「2019 RILY POP UP」が19~22日の期間限定で表参道に登場、オープンを翌日に控えた18日、ショップで今市が取材に対応した。

 10月30日発売のシングル『RILY』のリリースに連動した企画。店内は、妖艶な照明に照らされ、ステージには楽器を配置。魅力的な女性に惑わされる様子や心境を綴った楽曲、そのミュージックビデオの世界観を表現しているという。

「去年ブランドが始まった時、ブランドにテーマソング、ミュージックビデオを撮りたいという思いがあった。今回、すべてパズルが組み合わさったというか、自分の中にあった構想がすべてハマった感じです」と、今市は満足気。

「RILY」は今市のソロプロジェクトと連動して2018年にスタートしたプロジェクトで、ウェアコレクションを展開。今市自身がクリエイティブ・ディレクターを務めている。

「求められるものを作りたいという想いもある」と、取り扱うアイテムは全18種類25アイテム。MAー1やライダースジャケットといったアウター、パーカーやTシャツ、パンツもストレッチパンツやデニムパンツとラインアップも豊富。ハット、キャップ、マグカップ、ネックレストップなど小物も揃う。

 スタイルは、アメリカ西海岸、LAのテイスト。昨年は ミュージックビデオを6本LAで撮影しているといい、今市自身も親しみもあることから、自然とその影響を受けるよう。「ちょっとアメカジ要素も入っていますし、基本的なLAのイメージが強い」と本人。

 女性におすすめのアイテムを聞かれると、「ロゴを使ったアイテムは着やすいかなあともます。自分的にはマイケル(・ジャクソンさん)のTシャツとハットがおすすめです」。

 メンバーが来店する可能性を問われると「来てくれたらうれしいですけど。あんまり来ないかな。期間限定なので」と、笑っていた。

最終更新:10/19(土) 0:37
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事