ここから本文です

思わず呼び捨てにしたくなる男、それがムロツヨシ

10/19(土) 10:07配信

BuzzFeed Japan

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンのヒット作を、吉永小百合と天海祐希の共演でリメイクした映画『最高の人生の見つけ方』。

ムロツヨシは、天海演じるセレブ社長の秘書役として物語を盛り上げている。「喜劇役者」を自称するムロにとっての「笑い」そして「最高の人生」とは?【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

いまはこんな答えしか

――ムロさんが考える「最高の人生」を教えてください。

やりたいことがある人生。やりたいことを考え、思いつこうとすることが大事なのかなと。

43歳の僕はいま、やりたいことをやらせてもらえている。それはしっかりと自覚しないといけないと思います。

もう少し人生経験を積んだら、洒落のきいた粋な言葉も言えるのかもしれないですが、いまはこんな真面目な答えしか出てこないです。

飲み屋で隣のおじちゃんから…

――映画、テレビ、舞台などで幅広くご活躍ですが、忙しすぎて消耗することはないですか。

ありがたいことに、すごく忙しくさせていただいているのですが、意外としっかりお休みもいただいています。

飲み屋で隣になったおじちゃんとかにも「休む暇ないでしょ?」って言われるんですけど、「実はきょう日本酒飲めるぐらいの休みはあるんですよ。明日も午前中は大丈夫ですし」と答えたりして。

小学生から「ムロツヨシ!」

――街で声をかけられる機会も増えたのでは?

小学生からフルネームで「ムロツヨシ!」って声をかけられます。新橋とか歩いてると、サラリーマンの方から小声で「ムロツヨシ、ムロツヨシ、ムロツヨシ…」と言われますからね。

――小声でつぶやかずに声をかければいいのに。

同僚とかに教えてるんでしょうね。聞こえないフリしてますけど。

立ち食いそばでも「ムロツヨシいる、ムロツヨシ」って。「ムロツヨシさんいる」は聞いたことないです(笑)

――思わず呼び捨てにしたくなる親しみやすさがあるのかもしれません。吉永小百合さんやタモリさんは「さん」付けですけど、古田新太、阿部サダヲ、ムロツヨシ!的なお茶の間との距離感。

僕だって子どものころは「志村けん」って呼んでましたからね。小学生に名前を覚えてもらえるだけで嬉しいですよ。

もちろん、この世界飛び込んだらそんなことは言えないですけど。

1/3ページ

最終更新:10/19(土) 10:07
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事