ここから本文です

写真多数! 英国生まれの自転車「ブロンプトン」で行く「イギリス旅行」の魅力

10/19(土) 11:31配信

TOKYO FM+

声優の野島裕史が、自転車をテーマにお届けしているTOKYO FMの番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。10月13日(日)の放送では、当番組スタッフが愛車の「BROMPTON(ブロンプトン)」とともに、イギリスに行ってきた模様をご紹介しました。

★思わずほか荷物を詰め込み過ぎる!「ブロンプトン」の高い収納性

番組スタッフ:折りたたみできて便利な「ブロンプトン」は、よく旅行にも持って行くのですが、海外は初めてでした。ソフトカバーでの持ち運びが不安だったので、専用のハードケースを購入し格納してみたところ、思いのほか収納力があり隙間に着替えを入れました。

野島:自転車以外の荷物も収まったんですね。

番組スタッフ:(航空会社にもよりますが)1つの荷物の制限は23kg。ですが、それ以上に入ったんですよ!

野島:ついつい、入れ過ぎちゃうんじゃないですか?

番組スタッフ:そうなんです。当日の朝、慌てて着替えを何着か出していきました。

野島:測ってみたら、重かった(笑)?

番組スタッフ:明らかに23kg以上あるぞ、と。

野島:ハードケースとは別に、ちょっとした手荷物を持って行ったんですか?

番組スタッフ:そうですね。

野島:自転車のケースのなかに荷物が収まると、かさ張らなくていいですね。自転車と共に着替えなどを持っていくと、かさ張ってしまうものなんですが。やはり、小さく折りたためるブロンプトンならではです。

★日本と同じ左側通行で走りやすいイギリスの道路

番組スタッフ:最初に行ったロンドンは、非常に走りやすかったです! 日本と一緒で車が左側通行で、場所によっては自転車専用レーンもあって。走ってみると、サイクリストの方が多く、みなさんちゃんとヘルメットを着用して乗られていました。生活のなかに自転車が行き届いているような感じがありました。

野島:やはり、ヨーロッパは充実しているんですね。

番組スタッフ:ロンドンには、いたるところに観光名所がありまして。歩くには距離があって、地下鉄に乗っちゃうと煩雑なこともあり、自転車は非常に小回りが利きました。

野島:この番組でも、よく言っていますが、やはり観光と自転車は凄く相性が良いですよね!

1/3ページ

最終更新:10/19(土) 11:31
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事