ここから本文です

人気モデル、ロージーの「キレイめモード」な私服ファッションを徹底解剖

10/19(土) 17:31配信

ELLE ONLINE

モデルとしてキャリアをスタートし、女優や起業家としての顔も持つロージー・ハンティントン・ホワイトリー。 ファッションフリークとしても知られる彼女は、レディシックながら辛口スパイスも忘れない独自のスタイルをメイク。モードのリアルなお手本として人気の秘訣をスタディ。

【写真】クールな色気にノックアウト。美しすぎる妊婦ロージーのプレママルック5

どこか一か所、必ず”辛口”要素をオン

女性らしいエレガントなスタイルを基本に、どこかエッジーなアイテムでスパイスを足すのがお得意なロージー。

「ジョージア・アリス」のテーラードジャケットを「エーゴールドイー」のストレートデニムでカジュアルダウン。足もとには、「セリーヌ」のパイソン柄ブーツを添えて一気に辛口ムードへ。

ロージースタイルを作るうえで欠かせないマストアイテムはレザーパンツ。白ジャケットに合わせたレザーパンツは「セブン フォー オール マンカインド」 のもの。「サンローラン」のロングブーツにインして、美脚効果を狙って。

サテン生地で格上の女性らしさをメイク

女性の艶やかなムードを助長するサテン生地。とくにロージーは、スカートでサテン生地を取り入れるのが得意!

「サリー ラポワント」のサテンスカートは、ラップデザインになっており歩くたびに見える美脚にドキッ! 「エルメス」のヴィンテージジャケットを肩に羽織り、ブラウン系でまとめたノーブルスタイルを実現。

かちっとした「イザベル マラン」のジャケットには、「ジョージア・アリス」のリラックスムード漂うミディ丈のサテンスカートが好相性。「アミナ モアディ」のフレアヒールパンプスは、パイソン柄でエッジを効かせて。

ジュエリーはゴールド一択

ジュエリーもロージースタイルを完成させる重要アイテム。シルバーよりも断然ゴールド派で、気に入ったものはやっぱり毎日着用。

「アレキサンダー・ワン」の2019秋冬コレクションから、アシンメトリーな白Tシャツとスリット入りスカートでこの日もキレイめモードを実践。そこに、「シドニー・ガーバー」のゴールドバングルを両手で重ねづけ。さらに、耳もとには「ヴェルニエ」のフープピアスをプラスオン。

(上) 「アルベルタ フェレッティ」のグリーントップスに「ジル・サンダー」のフープピアスをマッチング。

(下)「ワードローブ ニューヨーク」のトレンチコートに合わせたのは、「ボッテガ・ヴェネタ」のゴールドチェーンネックレス。「ジェシカ・マコーマック」のダブルイヤリングも最近のお気に入り。

最終更新:10/19(土) 17:31
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ