ここから本文です

めんどくさ!彼氏のことがめんどくさくなってしまう理由

10/19(土) 18:00配信

CanCam.jp

どんなに好きな彼でも、付き合っているとウザいと感じることがありますよね。気持ちが冷めたわけでもなく確かに好きなんだけど、相手のがめんどくさくなってしまう…… そこには何かしら理由があるのでしょうか。そこで今回は、彼氏のことがめんどくさくなってしまう理由をご紹介いたします。

彼女がめんどくさい…男子が「別れたい」と思ってしまうLINE


■自分の中の嫌な要素を相手に見てしまうから
付き合うというのは、人間関係の中でもかなり密な距離感を維持することだと言えます。最初は似た者同士だから好意を抱いていたとしても、その似た部分が不快になってくることも少なくありません。これを同族嫌悪の心理と言います。特に、自分が嫌いな自分の要素、例えば、せっかちだったり、時間にルーズだったりするところを相手にも見つけてしまうと、それが元でめんどくさくなることが多いとされます。どんなに似ていても、自分と彼とは別の存在だという意識を持つようにしましょう。


■過度に干渉されて自由を制限されるから
彼氏から好かれているのは嬉しいことですが、その愛情表現があなたの自由を制限するくらいの干渉であった場合、相手のことがめんどくさいと感じると言えます。人は自由を制限されると、ますます自由に執着したくなります。なぜなら、自分で物事を意思決定したいという欲求があるからです。そのため、禁止や干渉をされることを非常に不快に感じるのです。これを心理的リアクタンスと言います。制限されると反発したくなる…… めんどくさくなるということなのですね。


■お互いの好意にギャップが生じている(彼のほうが重い)から
お互い好きで付き合ったとしても、時間の経過や関係性によっては、その好意の度合いにギャップが生じてくる場合も少なくありません。特に、彼があなたのことを好きすぎる=重たい場合は、めんどくさくなる可能性が高いと言えます。なぜなら、そこに返報性の原理が働いてしまうからです。これは好意を表現された側が、自然と同じ程度の好意をお返ししなくてはならないと感じてしまう心理現象です。これこそが、好きな相手に対して「気持ちが重い」と感じてしまう心理的な原因です。過剰な優しさは、たとえ見返りを求めていなくても負担になってしまうのです。


■自分語りが多く話を聞いてくれないから
付き合いはお互いのパワーバランスが極端であると、維持しにくいものになってしまいます。これをバランス理論と言います。この理論からすると、人間はバランスが取れた状態を好むものだと考えられます。そのため、何かのバランスが崩れて不均衡が生じると、人はどうにかしてその状態を解決しようと試みるとされるのです。特に、コミュニケーションにおいて、それは顕著に現れるといえ、例えば、彼が自慢話や自分語りをしてばかりで、あなたの話を聞いてくれないケースがこれに当たります。そのようなアンバランスな会話が続けば、次第にめんどくさくなってしまうでしょう。


彼がめんどくさいと感じたときは、まずは少し距離をとってみて、あなた自身の気持ちが彼から離れているかどうかを確認しましょう。そこで、彼に対して好きな感情があるなら大丈夫。あなた自身がマイペースであるようにすればいいのです。彼氏のペースに合わせすぎた結果、感情を抑えながらつきあっていくのに疲れただけだと言えます。あなたが知らないうちに溜めたストレスやフラストレーションがなくなれば、自ずとめんどくささは消えていくはずです。(認定心理士・脇田尚揮)

最終更新:10/19(土) 18:00
CanCam.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事