ここから本文です

10月16日は「ボスの日」。上司に点数をつけるとしたら?

10/19(土) 20:00配信

CanCam.jp

10月16日はボスの日(上司に感謝を伝える日)。働く女子にとって、上司との関係性はとっても大事ですよね。あなたは普段、上司に満足していますか?
今回は、サイボウズ株式会社が実施した「令和時代に求められる上司との距離感」調査結果をご紹介。

職場の上司やお局様にイラっとしたとき使える!魔法の悪口


■「上司に点数をつけるとしたら何点ですか?」
平均点は「68点」!高くもなく、低くもなく。高いと感じるか、低いと感じるかは人それぞれだと思いますが、80点台が最多となっているので、ある程度は満足している人も多い様子。


■「上司に思っていることは?」
「上司からも挨拶してくれる」が第一位になりました。部下から挨拶をしなくては…と思いつつも、上司からも挨拶してもらえると嬉しいですよね。一方、最下位は「上司は私の強みを活かしてくれる」。上司に若いうちから強みを活かしてもらえると、今後のキャリアのヒントにもなるのでとっても重要。強みを活かしてくれる上司に出会えた人はラッキーかも?


■上司に思っていること…さらに深堀りしていくとボスの日上司の点数が平均点以上、平均点未満の2層で見たところ、「上司に思っていること」両層ともに1位は「上司の方からも挨拶をしてくれる」となりました。また「上司は現場のために努力してくれる」「上司は普段から話をきいてくれる」「成長の機会を作ってくれる」「アドバイスが的確」では差がなんと3割を超え、高得点層でより高く出ています。普段から上司が自分のことをちゃんと考えてくれているかどうかがポイントのようです。

■「業務時間中、上司との距離感について好ましいのは?」
距離感については、「どちらかというと上司の方から話しかけてくれる関係が好ましい」とする人が約8割に達しました。部下があまりガツガツしていないのが令和時代の特徴?!


■業務時間外に実際に関わっているものは?
ボスの日実際の関わりは「食事や飲み会」が中心のようです。 「飲みニケーション」という言葉があるぐらい、飲食は関係性を築くのに案外役立つもの。過度な関わりは避けたいところですが…。


■「正直、 上司って大変だな」と感じている若手は約6割。
「普段上司に対して思っていること」を聞いた質問の中で「正直、 上司って大変だな」を選択した人は58.9%。仕事にやりがいを持つためにも円滑なコミュニケーションをとっていきたいですね。ボスの日を前に、上司との関係性を改めて考えてみるのもいいかも。たまには日頃の感謝を伝えてみては?

[調査概要]
◆調査対象:新卒入社5年以下の20代ビジネスパーソン男女 400名
※質問中の上司とは、 課長クラス(一次評価者)を想定しています。
◆調査期間:2019年9月13日(金)~15日(日)
◆調査方法:インターネット調査


情報提供先/サイボウズ
構成/芝宮ゆかり

最終更新:10/19(土) 20:00
CanCam.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事