ここから本文です

VERYのアイコン的読者“申 真衣さん”をもっと知りたい!

10/19(土) 20:00配信

magacol

「VERY」2019年6月号の誌面に登場以来、「あのオシャレで素敵な人は誰!?」と話題になっている申 真衣(しん まい)さん。ワードローブの中心は潔いほどのモノトーン。清潔感があるけれどコンサバにとどまらず、どこか更新感があって絶妙に今っぽい。みんなが気になる“しんまい”さんのシンプルオシャレを紐解きます。

VERY初登場は6月号大特集。白黒8割の“ほどモード”なワードローブが話題に

VERY2019年6月号の大特集「らくちんオシャレ全盛時代の“キレイ”って?」に、「キレイめモード派」代表として登場。
自身のオシャレは「色は白×黒、シルエットは上下どちらかをタイトに、など究極にシンプルなルール」が持論のワードローブに大きな反響がありました。

●申 真衣さん(34歳)金融関係勤務
大阪府出身。大学卒業後、外資系証券会社に約10年勤務した後退社、現在は2社のベンチャー企業の役員に就任。現在も働きながらウェブマーケティングの学校に通うなど努力を惜しまないワーキングマザー。元同僚だったご主人とは週に1度、2歳の娘を預けて夫婦デート。

清潔感があり、着回しもラク、少ない物の量、でも着ることを楽しめる――突き詰めたら今のスタイルに

私にとって服選びの優先順位は、オシャレに見せることより、“清潔感があって誰に会っても不快な気持ちにさせない”こと。それを忙しい朝、限られた時間に限られたクローゼットで実現することを追求したら、モノトーンのシンプル服をベースにデザイン性の高いトレンドアイテムを少し足す、現在のワードローブに落ち着きました。実は、毎日同じ格好でもいい、と思っているくらいで……(笑)。服は基本的にワンツーコーデ。ベーシック服は気に入ると色違いで揃えたり、数年着てもまだ着たいと思ったらリピート買いすることも。高い買物をする時は胸がドキドキするけれど、何回着てもワクワク感があってコーデも決まりやすいので、手頃な服をいくつも買うより、結局効率がいい気がしています。毎年少しずつ買い足して、その時のお気に入りを頻度高く着る今のスタイルが気に入っています。

モノトーンベースなワーママ申さんの毎日をのぞき見!

to Office


最近気になるオールホワイトは白デニムを新調したことで頻度が高くなりました。きれいめすぎない太めのシルエットとダメージ感が気に入っています。コンサバにまとまりすぎないように、足元はパンプスでなくブーツ。

shirt/Charvet
pants/RE/DONE
bag/HERMES
shoes/CELINE
watch/Cartier

1/2ページ

最終更新:10/19(土) 20:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事