ここから本文です

日本最小選手166センチの流 美声とテクニックで2メートル級南アフリカの巨漢軍団に挑む!

10/19(土) 23:52配信

中日スポーツ

 ラグビー日本代表は20日、W杯日本大会準々決勝で南アフリカと対戦する。チームは19日、東京都内での練習後、記者会見した。1次リーグ初戦から5試合連続で先発するSH流大(ながれ・ゆたか、27)=サントリー=は、巨漢軍団に「強い気持ちで立ち向かう」と闘志をたぎらせた。

 身長166センチ。日本チーム最小兵のSH流が、身長2メートル級がずらりと並ぶ巨漢軍団との対戦に闘志をたぎらせた。

 「向こうは間違いなく僕を狙ってくる。でも僕も、強い気持ちを持って、どんな選手が来ても倒せるように準備をしてきた。テクニックを駆使して戦います」

 小柄な選手でも活躍できると言われるSHは日本代表の激戦区だ。大会前は国際経験の豊富な田中、フィジカルの強さが看板の茂野と激しいポジション争いが続き、パシフィックネーションズ杯では先発1試合のみ。しかしW杯が始まると、流は全試合に先発。背番号9をガッチリつかんだ。

 決め手はリーダーシップ。そしてコミュニケーション力だ。

 「いつも意識しているのは、ミスを引きずらないこと。ミスが出たときは『ネクストジョブ(次の仕事)』と言って切り替えを促します。あとは、いつもポジティブでいること。試合あけのウエートとか、みんなの体がしんどくて重い空気のときは、自分がエナジーを出して声をかけています」

 それを支えるのが良く通る声だが…。あれだけ叫びっ放しだと声がかれないか心配になる。何か喉のケアはしているの?

 「自分でも良い声だと思いますが、ケアは何もしてません(笑)。親からもらった声ですから、親に感謝します」と笑顔で話す。満員のスタンドから降ってくる大歓声にも負けない美声でチームを引っ張り、南アフリカ撃破を引き寄せる!

最終更新:10/19(土) 23:52
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ