ここから本文です

「10月22日」無料になる東京の観光スポットは?

10/19(土) 19:15配信

All About

◆10月22日に無料開放される東京の観光スポットをご紹介!

「即位礼正殿の儀」が行われる10月22日は、ことし2019年に限り、国民の祝日となります。「即位礼正殿の儀」には、多くの国の元首などが出席するほか、翌日には、晩さん会も予定されているそうです。

また、慶祝事業の一環として、多くの公共施設が無料で楽しめるようになります。ここでは、その一部を見どころもあわせてご紹介! 祝日のお出かけの参考にしてくださいね。

◆東京都庭園美術館:建物も庭園も美しいお出かけスポット

JR目黒駅、東京メトロ白金台駅からほど近い東京都庭園美術館は日本でも珍しい「アール・デコ」様式の建物。

展示や美しいシャンデリアをはじめとする建物内部の装飾が素晴らしいのはもちろんのこと、「庭園」美術館という名前のとおり、広く美しい庭園も魅力的です。芝生の上には自由に使えるテーブルセットもあり、お弁当を片手にピクニック気分で訪れる方も。

和のスイーツが充実しているオープンカフェもあり、気分のよい休日を過ごすにはぴったり。展覧会は有料ですが、10月22日は庭園入場料は無料になります。現在は、『アジアのイメージ―日本美術の「東洋憧憬」』展を開催中です。

◆江戸東京博物館:江戸から平成までの生活を楽しく体感できる博物館

両国の江戸東京博物館は、海外からの観光客の方々にも人気のスポット。

復元されている『に本橋』(原寸大・長さは半分)を実際に渡って体感できますし、歌舞伎の芝居小屋、昭和初期の和洋折衷の住宅や戦時下の家、高度経済成長期の団地などが縮尺なしで忠実に再現されています。盛り上がりすぎて、回り切れない来館者も多いのだとか。

常設展示室はなんと撮影可ですので、大名の駕籠(かご)や人力車、驚くほど前輪が大きな明治時代の自転車など、本でしか見たことのないような昔の乗り物に実際に乗って撮影もできます。

江戸時代から明治、大正、昭和、そして平成に至るまでの人々の生活や文化を、楽しく体感できる博物館です。

◆江戸東京たてもの園:江戸から昭和の街並みを建物内にも入り見学

JR中央線の武蔵小金井駅から小金井街道を北に進んだ小金井公園内にある、江戸東京たてもの園。

屋外の約7ヘクタールの敷地に、江戸時代の茅葺屋根の家から大正期の邸宅、昭和初期の下町の商店まで、復元建造物が30棟ほど立ち並んでいます。

建物内の見学も可能で、昭和期の銭湯には当時の広告が使われていたり、商店の店内には商品が並んでいたりと、当時の世界にそのままタイムスリップしたような気分に。とくに建築に興味がある人や、歴史好きの人にはたまらない施設です。

1/4ページ

最終更新:10/19(土) 19:15
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事