ここから本文です

「10年ひと昔」2010年ドラフト1位の現在は? 現役引退は6球団競合の剛腕ら…

10/19(土) 11:37配信

Full-Count

大石、斎藤、福井の“早大3羽ガラス”に注目が集まった2010年ドラフト

 今年のドラフト会議では育成指名を107人が指名された。1位指名では星稜の奥川恭伸や大船渡の佐々木朗希など、日本中が注目する選手が指名を受けた。10シーズン前の2010年のドラフトでも話題の選手が入団している。

【最新版】かつてのドラ1も続々と戦力外に…各球団発表、2019-2020年の引退、戦力外、自由契約一覧

○2010年のドラフト1位の顔ぶれ

横浜 須田幸太 投手 JFE東日本
楽天 塩見貴洋 投手 八戸大
広島 福井優也 投手 早大
オリックス 後藤駿太 外野手 前橋商
ヤクルト 山田哲人 内野手 履正社
日ハム 斎藤佑樹 投手 早大
巨人 澤村拓一 投手 中大
ロッテ 伊志嶺翔大 外野手 東海大
阪神 榎田大樹 投手 東京ガス
西武 大石達也 投手 早大
中日 大野雄大 投手 佛教大
ソフトバンク 山下斐紹 捕手 習志野

 この年は、大石、斎藤、福井の“早大3羽ガラス”に注目が集まった。大石には6球団、斎藤には4球団の指名が集中したが、大石は西武、斎藤は日本ハムが指名権を獲得した。

 福井は大石を外した広島が外れ1位で獲得。同じく大石を外した阪神は東京ガスの榎田、横浜はJFE東日本の須田、楽天は八戸大の塩見を獲得。斎藤を外したソフトバンクは習志野の山下を獲得。ロッテは東海大の伊志嶺翔大を獲得した。

6球団競合の西武・大石は今季限りで現役を引退

 ヤクルトは斎藤、塩見を外して履正社の山田哲を獲得。オリックスは大石を外した後、伊志嶺、山田哲を外して前橋商の後藤を“外れ外れ外れ1位”で獲得。巨人はドラフト前から「相思相愛」といわれた中大の澤村を単独指名。中日も佛教大の左腕、大野雄大を単独指名で獲得した。

 10年後の今年、西武の大石は戦力外となり、引退を表明。通算5勝6敗8セーブ12ホールドに終わった。日ハムの斎藤は通算15勝24敗、昨年に続き今季も0勝。福井は昨年、広島から楽天に移籍、通算32勝37敗、今季は新天地で3勝をマークした。

 横浜の須田は2018年限りで退団。通算16勝19敗、1セーブ37ホールド。今年はJFE東日本に復帰して都市対抗で活躍し、MVPに当たる橋戸賞を受賞。ロッテの伊志嶺は、怪我に泣かされ通算236安打、6本塁打59打点、59盗塁、今季戦力外通告を受けてコーチに転任した。

 楽天の塩見は主として先発投手として通算42勝48敗。しかし今季は3勝に終わった。オリックスの後藤は外野手として352安打14本塁打、136打点。巨人の澤村は、先発から救援に転向し、最多セーブも獲得。通算47勝49敗、74セーブ50ホールド。今年は2勝2敗、1セーブ13ホールドだった。

 ソフトバンクの山下は正捕手の期待がかかったが、同じ2010年に育成6位で入団した甲斐拓也が台頭したため、2018年に楽天に移籍、通算42安打5本塁打。阪神の榎田は一時期セットアッパーとして活躍したが、左肘の手術を受ける。2018年に西武に移籍してローテの一角を担い11勝。今季は4勝に終わったが通算28勝3セーブ6ホールド。

 中日の大野は、2013年から3年連続2桁勝利。以後は故障に泣いたが今季は防御率2.58で最優秀防御率のタイトルを獲得。通算58勝2ホールド。この年のヤクルトに外れ外れ1位で入団した山田は通算、1068安打202本塁打。3度のトリプルスリーを達成しまだ27歳だが、大選手への道を歩んでいる。

「10年ひと昔」というが、有望選手と言われても将来はわからない。今季のドラ1選手は10年後、どんな活躍を見せているだろうか?

広尾晃 / Koh Hiroo

最終更新:10/19(土) 14:42
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事