ここから本文です

雨の中、力強い演舞

10/19(土) 14:23配信

北國新聞社

 第20回YOSAKOIソーラン日本海本祭(同実行委員会、宝達志水町、本社主催)は19日、内灘町の道の駅「内灘サンセットパーク」で行われ、17団体約750人が雨の中、力強い演舞を繰り広げた。

 「金大“彩―IRODORI―”」のはつらつとした踊りで開幕し、「The日本海&北國新聞」などが迫力ある舞で観衆を魅了した。最後は地元「うちなだ愉快な仲間たち」が華やかに締めくくった。

 午後はメイン会場の宝達志水町押水運動公園で各団体が演舞を披露し、夜にはソーランナイトが繰り広げられる。本祭は2019ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭(同実行委員会、石川県、一般財団法人県芸術文化協会主催)の一環として行われている。

北國新聞社

最終更新:10/19(土) 14:23
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事