ここから本文です

広島が後半2ゴールで逆転勝ち!清水は“コロコロFK”実らず2連敗

10/19(土) 16:06配信

ゲキサカ

[10.19 J1第29節 清水1-2広島 アイスタ]

 J1リーグは19日、第29節2日目を行った。IAIスタジアム日本平では清水エスパルスとサンフレッチェ広島が激突。清水が先制したが、後半2ゴールの広島が2-1で逆転勝利した。

 ともに約2週間ぶりの公式戦。清水は6日の浦和戦(1-2)から1人を入れ替え、DFエウシーニョに代えてDF鎌田翔雅を起用した。一方、広島は5日の神戸戦(6-2)と同じ11人を送り込み、まずはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内への浮上を目指す。

 立ち上がりは清水ペースだった。前半2分、左サイド高い位置でボールを奪い、DF松原后がクロスを入れると、ファーサイドでMF金子翔太が右足で合わせる。これはMF柏好文のブロックに阻まれ、こぼれ球をマイナスに折り返してFWドウグラスが左足シュート。フリーだったが、クロスバー上に外してしまい、早々の決定機を逃した。

 徐々にポゼッション率を高め、パスを回しながらチャンスを伺う広島。前半27分、左サイドで柏が対峙した金子をかわしてカットインし、PA左から右足を振り抜く。これはGK大久保択生に防がれたが、相手陣内でのプレー時間を増やしていった。

 清水は前半23分にアクシデント発生。ボールを奪いに行った際にMF六平光成が右足を痛め、担架でピッチを後に。急ピッチで準備したFW中村慶太が代わって入った。31分、ペナルティーアーク内でMF金子翔太のシュートがMF青山敏弘の腕に当たってFKを獲得。キッカーのFWドウグラスが強烈なシュートではなく、左足でジャンプした壁の下を抜き、3試合連続ゴールを挙げた。

 先制を許した広島は、後半立ち上がりから押し込み、8分にはゴール正面でフリーだった青山が右足ミドルシュートを放つ。これは枠の上に外れたが、直後に同点に追いつく。9分、MF森島司のスルーパスをPA左で受けた柏が中央へ折り返し、MF川辺駿が左足で流し込んで1-1。後半の早い時間に試合を振り出しに戻した。

 これで勢いの増す広島。後半33分、MF稲垣祥に代えてMF清水航平を入れると、直後にスコアが動いた。35分、PA右で森島のリターンパスを受けた柏が高い弾道のクロスを供給。これに飛び込んだFWドウグラス・ヴィエイラが頭で押し込み、2-1と逆転に成功した。

 その後も広島ペースで試合は進み、2-1のまま終了。2連勝を飾り、さらなる上位進出に望みをつないだ。一方、清水は惜しくも逆転負けを喫し、2連敗を喫した。

最終更新:10/19(土) 16:06
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事