ここから本文です

“幻の失点”招いた横浜FM朴一圭、飛び出し続けて大仕事!「ああいうミスがあっても…」

10/19(土) 20:12配信

ゲキサカ

[10.19 J1第29節 横浜FM3-1湘南 ニッパツ]

 結果的には完勝を収めた横浜F・マリノスだったが、前半開始早々には致命的なピンチもあった。その場面を振り返ったGK朴一圭は「ああいうミスがあっても引きずらない。ああいうことが起きてもうちのチームではどんどんチャレンジしないといけない」と切り替えの重要性を語った。

 この日の対戦相手は監督交代直後の湘南ベルマーレ。「相手が監督が代わって起用法も変わってくる中、相手もモチベーション高くやってくるので、すごく難しいゲームになることを想定していた」という朴だったが、試合開始早々に大ピンチを招いてしまった。

 前半4分、最終ライン裏へのフィードをMF山田直輝に送り込まれると、飛び出してクリアしようとした朴がキックミス。セカンドボールを拾ったMF古林将太に無人のゴールへ流し込まれた。直後、古林にオフサイドがあったとしてゴールは取り消されたが、朴のキックは意図的なプレーだったため本来であればオフサイドの対象外。微妙な判定にも助けられる形で先制点献上を免れた。

 その一方で、横浜FMの先制点も朴の飛び出しから生まれた。前半39分、相手カウンターから古林のフィードがライン裏に出されると、今度は飛び出した朴が右サイドのライン裏にハイボールを配給。足が止まった湘南守備陣とは対照的にFW仲川輝人がフリーで反応し、この攻撃で両サイドを揺さぶった結果、仲川の先制ゴールにつながった。

「なるべくいつも狙っているけど、あれはうまく蹴れた。ああいうボールは出ると思ったら相手の足が止まると思うけど、テル(仲川)は動いてくれるから、自分なりにも気持ちのいいプレーだった」。そうしたボールが出た背景には、ミスからしっかり切り替える朴の姿勢があった。

 パクによると「難しいシチュエーションでボールをつながないといけなかったり、飛び出していかないといけなかったりすると、どうしてもミスが起きる」というのは普段どおりの心構え。そのうえ、この日は「湘南はプレッシャーがしっかり来るので、多少ミスが出るのはしょうがないという思いでやっていた」と振り返る。

 だからこそ、一つのミスでプレー選択を変えることはない。「ああいうことが起きても、ウチのチームはどんどんチャレンジしていかないといけないので、前向きにポジティブに強気な気持ちでチャレンジして、マリノスのサッカーを体現していくことを意識している」。その結果が貴重な先制点のシーンにつながっていた。

 8月に左足関節じん帯損傷で離脱したものの、復帰後3試合の出場でもう万全。「(2試合では)コンディションが上がらず、自分が納得いくパフォーマンスはできなかった。あれから2週間空いて、だいぶ足の調子も良くなっているし、足の調子が良くなることで練習の強度も上げられた。それで自分らしいパフォーマンスができたので、有意義な一日だった」。昨季の残留争いから一転、上位2チームと勝ち点1差に迫る優勝争いを展開している横浜FMだが、加入1年目の守護神がブレない心でチームを支えている。

最終更新:10/19(土) 20:12
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事