ここから本文です

福島からの避難者と支援者が山梨で交流

10/20(日) 19:21配信

UTYテレビ山梨

2011年の東日本大震災で被災し、福島県から山梨へ避難している人たちと支援者との交流会が甲府市で開かれました。
これは民間団体の「避難者と支援者を結ぶ会」が行ったもので、福島からの避難者や山梨県内の支援者など約150人が参加しました。
交流会には福島県の職員が招かれ、原発事故の影響で立ち入りが原則禁止される帰還困難区域に今も南相馬市や浪江町など7つの市町村が含まれていることなどが報告されました。
また、参加者は食事をしながら支援者との交流を深めたほか、県内企業から日用品やぬいぐるみなどが贈られました。
なお県内には今年9月1日時点で、福島や宮城などから537人の避難者がいて、主催者は引き続き支援を継続していく考えです。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:10/20(日) 19:21
UTYテレビ山梨

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事