ここから本文です

李登輝氏「民主主義の台湾は誇り」 パーティーに出席

10/20(日) 14:50配信

中央社フォーカス台湾

(台北中央社)李登輝元総統(96)は19日夜、李登輝基金会の募金パーティーに出席した。「民主台湾、われわれの誇り」と題したあいさつの原稿を寄せ、李氏の娘で、同基金会の副董事長の李安ニ氏が代読。中国が台湾への外交圧力を強めていることなどに触れ、団結の重要さを訴えた。(ニ=女へんに尼)

また、民主主義の選挙制度は、台湾の市民が自身のあるじとなり、未来を決めるためのものだと言及。来年1月の総統選では、蔡英文総統の再選を支持する考えを表明した。

久々に公の場に姿を現した李氏。車いすを押されながら各テーブルを回り、出席者と握手を交わすなどし、約20分滞在した後、会場を後にした。

(温貴香/編集:楊千慧)

最終更新:10/20(日) 14:50
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事