ここから本文です

【パンクラス】前回秒殺勝利のライカが計量パス「今回もパンチで倒してブラジル人に連勝します」

10/20(日) 7:14配信

イーファイト

 10月20日(日)東京・新木場スタジオコーストで開催される『PANCRASE 309』の前日計量が、19日(土)都内にて正午より行われた。

【フォト】計量に臨むカロリネ、胴まわりの肉のつき方から足腰が強そうな印象

 第4試合のフライ級女子マッチに出場する同級3位のライカ(43=RIGHT THING ACADEMY)は57.0kg、ブラジルのアニー・カロリネ(27=ナジアファイトチーム)は56.60kgで、それぞれフライ級リミット56.70kg(許容重量57.15kg)を一発クリアした。

 前回7月のグレイシ・ファリア戦では、元ボクシング世界3階級制覇の本領を発揮し、左フックでダウンを奪ってからのリアネイキッドチョークで秒殺勝利をおさめているライカ。念願のランキング入りも果たし、タイトル挑戦に向けて対ブラジル人ファイター2連勝を目指す。

 対するカロリネは10代で散打やムエタイに取り組み、20歳からMMAのキャリアをスタート。柔術は茶帯の実力で、MMA戦績はここまで6勝7敗。6勝のうち2勝は腕十字で、1勝を三角絞めであげているが、パンチによるTKO勝利も1試合あり、トータルファイターであることがうかがえる。

 計量後のインタビューに答えたライカは、「今回も、前回の試合と同じように自分の得意なところで闘って勝とうと思う」と打撃で試合を組み立てるプランを語り、寝技勝負に持ち込まれても「対応できるよう練習してきているので大丈夫」と自信をのぞかせた。

 一方のカロリネも「ライカと打ち合いたい」と打撃戦はむしろウェルカム。ボクシング仕込みのライカか、散打やムエタイをベースに蹴りを織り交ぜながら攻めるカロリネか。KO決着必至の一戦になりそうだ。

最終更新:10/20(日) 9:49
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ