ここから本文です

「長い」は正解か PGAツアーが日本のコースに施したセッティングの妙

10/20(日) 12:43配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 事前情報◇アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ◇7041yd(パー70)

アダムスマイル

7041yd、パー70--。日本初のPGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の18ホール総距離は数字を一見すると、世界最高レベルの選手たちが戦うには短いようにも思える。「マスターズ」が行われるオーガスタナショナルGCは7475yd(パー70)。各国の男子トーナメントで7500yd前後の設定が当たり前になっている昨今だが、距離の決定を含め、今大会のコースセッティングをリードしたのは百戦錬磨のPGAツアーのスタッフたちだった。

アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブは36ホール(キングコースとクイーンコース)を持つ。大会は両コースから9ホールずつを選ぶ形で18ホールを構成。コース管理の責任者を務める瀧口悟エリアコースマネージャーによれば、クラブ側は当初、7500yd前後のセッティングをPGAツアーの担当者に提案したという。

ツアー側はチェックを重ねるたびに「大切なのは距離ではないんだ」と主張した。瀧口さんは成田GCで行われた米国シニアツアーでも、彼らと仕事をした経験があった。

「私たちは勝手に『やさしい設定は良くない。難しい方が良いはずだ』と考えていたんです。でもツアーは『ボギーよりも、バーディの方がエキサイティング。バーディが出れば、見ている人も喜ぶ。それでスコアが伸びる分には何の問題もない』と」

各ホールが持つ可能性をセッティングで引き出す目的は、あくまでトッププロの技術を観る人にどう伝えるか、という点に尽きる。固定概念は次第に崩れていった。

土地ごとに気候風土が異なる広い米国大陸だけでなく、各国で大会を開催してきたツアースタッフは、豊かな発想も持ち合わせていた。ゴルファーに年間を通じてボールの転がりの良いグリーンを提供する、日本独自の「2グリーン」(各ホールに2つグリーンが設けられているゴルフ場のつくり)を、今回初めて目にした米国人スタッフも多かった。彼らは驚きつつも「これは日本の文化だ」とすぐに理解。大会の4番ホールでは、ツアーで初めてラウンドごとに2つのグリーンからピンプレースを決めるという大胆な試みを実施する。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事