ここから本文です

FE連続王者ベルニュ、環境問題を訴えるハミルトンに「フォーミュラEに転向すべき」と”勧誘”

10/20(日) 9:34配信

motorsport.com 日本版

 5回にわたってF1王者に輝いたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、最近環境問題に関するメッセージを多く発信している。最近では自身のインスタグラムを通じ、ファンに対して菜食中心の生活にすべきだと訴えた。畜産は多くの二酸化炭素を発生させるため、地球環境を考えれば、それは相応しくないと言うのだ。

【動画】2019年F1第17戦日本GP決勝ハイライト

 2年連続でフォーミュラEのチャンピオンに輝いたジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)は、このハミルトンの主張に「完全に同意する」と発言。ハミルトンに対して、フォーミュラEに転向すべきだと勧めた。

「正直に言えば、2年前だったなら、僕は彼が言ったことに同意できなかっただろう」

 ベルニュはそうmotorsport.comに対して語った。

「でも今日では、僕は彼のような人たちのおかげで、より環境について考えるようになっている。世界中の多くのアスリートが、基本的に同じことを言っているんだ」

「彼が言っていることに100%同意する。僕もフォーミュラEでもっと多くのことを成し遂げ、彼がやっている活動に加わりたいと思う。このようなことを語るのは、彼だけじゃないんだ」

「彼は自家用ジェット機を売りさえした。彼は、僕らが人間として直面している問題について、より気付いているんだ。でも、多くの批判を受けることになるだろう。なぜなら彼は、ガソリン車でレースをし、世界中のどのスポーツよりも環境を汚染しているんだからね」

「だから彼がフォーミュラEに転向することは、理論的なステップになるだろう。それによって、レーシングドライバーである以上のことができるようになるはずだ。彼は史上最高のレーシングドライバーというだけではない。人々の考え方を変え、若い世代を鼓舞することができるのだ」

「若い世代は、僕らが教えることによって、成長する必要があるんだ。ルイスがやったようにね」

 メルセデスのモータースポーツ部門を率いるトト・ウルフは、もしハミルトンが望むならば、フォーミュラEマシンをテストする機会を用意するとmotorsport.comに語った。

 11月に開幕するフォーミュラEの第6シーズン。ベルニュは3年連続のチャンピオン獲得を目指している。しかしベルニュは、コース上での成功だけでなく、もっと多くのことを成し遂げたいと語る。

「ルイスのようなドライバーから学ぶことはたくさんある」

 そうベルニュは語った。

「彼らは勝とうとしているだけじゃない。彼らは私生活で、そしてチーム内で、より良い人間になることを目指しているんだ」

「今、僕はただ勝つこと以上のモノを成し遂げたいと思う。僕はより良いドライバーになりたい。でもそれ以上に優れた人、より良い人間になりたいんだ。フォーミュラEではレース以上のことを成し遂げるチャンスがあるんだ」

「環境問題への対処は、コース上でだけできるわけではない。コース以外でも、メッセージを発信する必要があるんだ。その立場にいることで、レースに勝つ以上のことがことができる。それが僕が求めていることだ」

「僕のメンタリティは、もっとエネルギッシュになれるよう努力するということだ。そして悪いレースになった時にも、もっと楽しむ。そういうレースは、間違いなく訪れるからね。人生には、それ(レースに勝つこと)以上のモノがあることを知っているんだ」

Alex Kalinauckas

最終更新:10/20(日) 9:34
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事