ここから本文です

音楽劇「ふるあめりか」博多座で開幕、大地真央「ますます成長していく作品」

10/20(日) 8:32配信

ステージナタリー

「音楽劇『ふるあめりかに袖はぬらさじ』」が10月18日に福岡・博多座で開幕した。

本作は、2017年に大地真央と宝塚歌劇団の演出家・原田諒のタッグで初演された作品。幕末、開港間もない横浜の遊郭を舞台にした有吉佐和子の代表作の1つ「ふるあめりかに袖はぬらさじ」を、音楽劇として上演し、初演時に話題を呼んだ。

【写真】音楽劇「ふるあめりかに袖はぬらさじ」より。(メディアギャラリー他3件)

2年ぶりの再演で初日を終えた大地は「無事に初日を終えてほっとしております。新キャストの皆さんと、とてもいいアンサンブルになっていると感じておりまして、ますます成長していく作品だなと感じています」と手応えを述べる。

新キャストの矢崎広は「初めての博多座出演がこの作品でよかったなと終わったときに感極まっています」、中島亜梨沙は「11年ぶりに博多座の舞台に戻って来られてうれしいです」とコメントした。

福岡公演は10月27日まで。その後、11月3日から27日まで東京・明治座にて東京公演が行われる。

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

■ 音楽劇「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
2019年10月18日(金)~27日(日)
福岡県 博多座

2019年11月3日(日)~27日(水)
東京都 明治座

作:有吉佐和子(「ふるあめりかに袖はぬらさじ」中公文庫)
潤色・演出:原田諒
音楽:玉麻尚一
劇中歌作曲(邦楽):今藤政太郎

出演:大地真央 / 矢崎広、中島亜梨沙 / 大沢健、篠田光亮、林田航平、榊原徹士、瀬戸啓太 / 未沙のえる、久保田磨希 / 温水洋一、佐藤B作、横内正 ほか

最終更新:10/20(日) 16:42
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事