ここから本文です

【MotoGP 日本GP】“羽つき”のスーパースポーツからデュアルパーパスまで…ピアッジオブース

10/20(日) 9:30配信

レスポンス

ツインリンクもてぎで18日に開幕した「2019 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ」。ピアッジオグループのブースではそれぞれ異なるキャラクターもったバイクが展示されている。

[関連写真]

アプリリアからはレーサー直系のスーパースポーツモデルが2台とオフローダーが1台、モトグッチからはデュアルパーパスモデルが1台の計4台。ブース奥ではアパレルも購入することができる。

GPマシンのようなウイングレットが特徴的な、アプリリア『RSV4 1100 ファクトリー』、仕上がりの精度にこだわったトップブリッジや本気の走りに対応するオーリンズ製のサスペンション、ブレーキはブレンボ製でアプリリアの技術が結集したスーパースポーツだ。

ブース中央には、アプリリアのオフローダーである『RX125』が展示された。林道を駆け抜けるトレイルランに適した、小排気量ながらも高い運動性をもつ。

右端には最もブースで注目を集めているという、モトグッチのデュアルパーパスモデル『V85 TT』を展示。スクランブラーの要素も取り入れたデュアルパーパスモデルらしからぬポップなエクステリアが目を引くデザインだ。ボックスも装着されており、マルチに活躍できる1台となっている。

《レスポンス 後藤竜甫》

最終更新:10/20(日) 9:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ