ここから本文です

今平VS塩見 優勝争いが…まさかの高校の合宿ぶりのラウンド!?【きょうの“パンチショット”】

10/20(日) 11:24配信

ゴルフ情報ALBA.Net

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が多い現場記者。そのなかで『あの時、何を考えていたの?』、『今ハマっているものは?』、『プロの悩みって?』…のような選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)話をお届け!【日本オープン】

同じ埼玉の石川遼は…がっくり

第3ラウンドが中断となった時点でトップに立ったのが、トータル4アンダーの塩見好輝。3打差から追いかけるのが今平周吾だ。埼玉栄高校時代、2学年ちがいの先輩後輩となるこの2人。塩見から見て昨年賞金王の今平は「後輩って感じがしない。ゴルフ界では周吾のほうが1枚も2枚も上手」。

今平からは、キャプテンを務めた塩見は優しい先輩。一緒にラウンドするのは「高校の合宿とか以来回っていなかったので、楽しく」と、ラウンド前は学生時代の話を懐かしんだ。連日の順延となったため、決勝の2ラウンドは組み替えなしでスタート。久々の先輩とのラウンドは、優勝争いで2日間をともにすることになった。



(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/20(日) 11:24
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事