ここから本文です

【菊花賞の見どころ】ラスト一冠を狙いヴェロックス、ニシノデイジーらが参戦

10/20(日) 11:20配信

netkeiba.com

 3歳クラシック最後の一冠。どの馬も体験したことのない長距離でビッグタイトルを狙う。出走する主な有力馬は次の通り。

■10/20(日) 菊花賞(3歳・牡牝・GI・京都芝3000m)

 ヴェロックス(牡3、栗東・中内田充正厩舎)は皐月賞2着、日本ダービー3着と世代トップクラスの実績を誇る。3000mの距離がカギとなるが、春のクラシックで上位争いをしたメンバーがほとんど出走しない今回、最有力の一頭であることは間違いない。悲願のGIタイトル獲得なるか。

 ワールドプレミア(牡3、栗東・友道康夫厩舎)はソエの影響で春のクラシック戦線からは外れたが、休み明けの神戸新聞杯できっちりと3着に入り、最後の一冠に名乗りを上げてきた。デビューから続く武豊騎手とのコンビも心強く、ここで真価を発揮できるか。

 ニシノデイジー(牡3、美浦・高木登厩舎)は昨年の札幌2歳S、東京スポーツ杯2歳Sを制しており、ダービーでも5着と実績は上位。前哨戦のセントライト記念では敗れてしまったが、C.ルメール騎手との新コンビで戴冠なるか注目。

 その他、セントライト記念2着のサトノルークス(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)、同3着のザダル(牡3、美浦・大竹正博厩舎)、ここまで4戦3勝のヒシゲッコウ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)、京都新聞杯の覇者レッドジェニアル(牡3、栗東・高橋義忠厩舎)、2連勝中のホウオウサーベル(牡3、美浦・奥村武厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

最終更新:10/20(日) 11:20
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事