ここから本文です

MotoGP日本WUP:PPのマルケスが首位。中上貴晶15番手タイム

10/20(日) 10:16配信

motorsport.com 日本版

 青空に覆われたツインリンクもてぎでは、決勝レース前の最後のセッション、ウォームアップが行なわれた。トップタイムを記録したのは、ポールポジションを獲得しているマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)だ。

【リザルト】MotoGP第16戦日本GP ウォームアップ

 2番手はファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)、3番手にはアレックス・リンス(スズキ)と、各メーカーが入り乱れた。また4~6番手にはフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、とヤマハのマーベリック・ビニャーレス、バレンティーノ・ロッシが並ぶなど、ヤマハ勢が好調さを示した。

 最高峰クラスで唯一の日本人、中上貴晶(LCRホンダ)は15番手タイム。決勝レースは13番グリッドから挑む。

最終更新:10/20(日) 10:16
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事