ここから本文です

車窓に映るは夢かうつつか幻か、融合現実映像活用の低速モビリティサービス開始へ ヤマハ発動機×ソニー

10/20(日) 13:30配信

レスポンス

ヤマハ発動機は、ソニーと共同開発したエンターテインメント用ソーシャブルカート「SC-1」を活用したサービスの第1弾「ムーンライトクルーズ」を11月1日より沖縄で開始する。

[関連写真]

SC-1は自動運転技術を搭載する小型低速モビリティだが、フロントガラスはなく、室内や車体側面に高精細ディスプレイをビルトイン。車両の前後左右の様子や走行場所に応じた様々な映像、融合現実映像を映し出し、従来の自動車やカートでは提供できなかったエンターテインメント空間をつくりだすことで、より楽しい低速移動を提供する。

今回のムーンライトクルーズは、カヌチャベイリゾート(沖縄県名護市)と東南植物楽園(沖縄県沖縄市)で日没後に実施する。自動運転機能により乗員は車両をコントロールすることなく、超高感度なイメージセンサーと高解像度ディスプレイが映し出す夜間の走行シーンをベースに、融合現実感技術が創り出すエンタテインメントコンテンツを楽しめる。

新サービスでは乗員の感覚を刺激する仕掛けをいくつも用意。星空のもと、実世界では体験できない超自然体験を感じられるツアーとなっている。また、より多くの利用客に楽しんでもらえるよう、幻想的な地上の海への旅を楽しめる「感動 NIGHT AQUARIUM」、とある村で起きた恐怖の物語「恐怖 赫イ森」、2種類のコンテンツを用意。最先端の融合現実感技術で、車窓から見る景色が非現実な世界へと変貌していく様子を楽しむことができる。

両社は今後、同様のサービスをアミューズメント施設や商業施設などへも展開し、新たな移動体験の提供を進めていく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/20(日) 13:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ