ここから本文です

90年代テクノシーンにおける重要ユニットの1つ、CO-FUSIONが再始動

10/20(日) 11:11配信

音楽ナタリー

DJ WADAとHeigo Taniからなるユニット、CO-FUSIONが2020年にデビュー25周年を迎えるのに向けて再始動した。

【動画】RES/Co-Fusion(メディアギャラリー他1件)

CO-FUSIONは1990年代のテクノ黎明期にクラブシーンで活躍したユニット。1998年に発表した1stアルバム「Co-Fu」が話題を呼び、世界中でライブ活動を展開した。日本国内でも「FUJI ROCK FESTIVAL」「WIRE」「朝霧JAM」を始めとしたフェスや大型パーティに多数出演。しかしDJ WADAが突発性難聴を発症したことや、テクノシーンが難解化したことなどなどの理由から、この10年は活動を休止してそれぞれのソロ活動へとシフトしていた。

ダウンロードサイトやサブスクリプションサービスでは、CO-FUSIONとしてのひさびさの新曲となる「RES」と「Diffusion」を配信中。ロウなドラムマシンとアナログシンセが響き渡る、アグレッシブなトラックだ。

最終更新:10/20(日) 11:11
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事