ここから本文です

持ち込み手荷物が2㎏オーバー! 超過料金を避ける「力技」

10/20(日) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 航空各社には無料で機内に持ち込める手荷物の重量制限がありますよね。手荷物がちょっと制限オーバーして。超過料金を支払わなければならない場合、どうします? 支払いを断固拒否し、「力技」で制限をクリアした女性が話題になっている。

 デジタルメディア「VICE」(10月15日付)によると、フィリピン人女性のジェル・ロドリゲスさんは先日、某空港で係員から「持ち込み手荷物は7キロまでです」と言われた。ジェルさんの手荷物は9キロ。

 たった2キロのために超過料金を払うのイヤだ!

 ジェルさんはその場でキャリーバッグを開け、片っ端から服を重ね着したのだ。その結果がこの写真の雄姿(?)。少なくとも3枚のトップス、2着のズボン、4枚のカーディガンを着ているように見える。

 手荷物は5・5キロまで減り、楽勝で制限をクリア、キャリーバッグを機内に持ち込んだ。

 ジェルさんが10月2日(日本時間)にこの写真と記事をフェイスブックに投稿したところ、バカ受けして急拡散。10月19日現在、3万4000人以上が「いいね!」を押し、2万1000人以上がシェアしている。

 ただ、ジェルさんはもう2度とこんなことをするつもりはない、と言う。

 「すごく暑かったの。ほかの人にはお勧めしないわ」

 そしてネットで急拡散し、有名になったことに関しては「こうなるって分かってたら、もっとかっこよくポーズを取ったのになあ」と笑った。

最終更新:10/20(日) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事