ここから本文です

9町の屋台、華やかに集結 磐田「掛塚まつり」開幕

10/20(日) 8:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 江戸から明治時代に商業港として栄えた掛塚湊の歴史を伝える貴船神社の例祭「掛塚まつり」が19日、磐田市掛塚地区で開幕した。20日まで。

 精巧な木彫りの彫刻や華やかな天幕が飾られた全9町の豪華な屋台が、県指定無形民俗文化財「掛塚祭屋台囃子(ばやし)」を奏でながら地区内を巡った。

 夕方には全ての屋台が同神社に集まり、ちょうちんの明かりが演出する幻想的な雰囲気の中、祭りの盛り上がりは最高潮に達した。屋台囃子は南北朝時代に伝わったとされ、「入船」や「神楽」など複数の曲がある。

 20日は神輿(みこし)が正午ごろ、神社を出発し、町内を巡る。

静岡新聞社

最終更新:10/20(日) 8:00
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事