ここから本文です

【英・QE2世S】キングオブチェンジがG1初制覇 人気のベンバトルは最下位16着

10/20(日) 19:45配信

netkeiba.com

 現地時間19日、イギリスのアスコット競馬場でG1・クイーンエリザベス2世S(3歳上・芝直線1600m・16頭立て・1着賞金約62.4万ポンド=8781万円)が行われた。

 道中は中団から進んだ6番人気キングオブチェンジ(牡3、S.レヴィー騎手)が早めに進出して先頭に立ち、後方から末脚を伸ばした2番人気ザレヴェナント(セ4、P.ブドー騎手)に1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分44秒88(不良)。

 ザレヴェナントから1.1/2馬身差の3着には、さらに後方から追い込んだ14番人気セーフヴォヤージュ(セ6、J.スペンサー騎手)が入った。1番人気のベンバトル(牡5、O.マーフィー騎手)は不良馬場に泣いたか、最下位16着に敗れている。

 キングオブチェンジは父Farhh、母Salacia、その父Echo of Lightという血統。イギリスのR.ハノン厩舎の管理馬。2走前の2000ギニー(英G1)は15番人気タイで2着の激走だったが、その走りがフロックでなかったことを証明するG1初制覇となった。

最終更新:10/20(日) 19:46
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事