ここから本文です

秋葉真一が逆転でシニアツアー通算5勝目、倉本昌弘は1打差2位

10/20(日) 17:43配信

ゴルフ情報ALBA.Net

国内シニアツアー第14戦「第7回トラストグループカップ佐世保シニアオープンゴルフトーナメント」の最終ラウンドが10月20日、長崎県にある佐世保カントリー倶楽部で行われ、通算5アンダーとした秋葉真一が逆転で今シーズン2勝目、シニアツアー通算5勝目を飾った。

富士通レディースはアマの古江彩佳が優勝!【女子写真】

初日の昨日に続き、最終日も強風が吹き荒れる中、首位と3打差の9位タイから出た秋葉は5バーディ・ノーボギーの67をマーク。逆に、初日に唯一の60台となる69をマークしトップに立った倉本昌弘は、最終日71とスコアを一つしか伸ばせず1打差の単独2位に終わった。

2打差の3位タイには水巻善典、ソク・ジョンユル(韓国)が入った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/20(日) 17:43
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事