ここから本文です

カヌー、羽根田卓也が五輪代表に 4大会連続、女子は矢沢と佐藤

10/20(日) 11:32配信

共同通信

 カヌーの東京五輪日本代表最終選考会を兼ねたNHK杯国際スラローム大会は20日、五輪会場となる東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターで行われ、男子カナディアンシングルは前回リオデジャネイロ五輪銅メダルの羽根田卓也が4大会連続の五輪代表に決まった。

 日本カヌー連盟は、選考対象大会の合計ポイントで各種目日本勢最上位を代表にすると定めている。既に五輪出場が確定的だった羽根田は今大会3位だった。

 カヤックシングル女子は矢沢亜季が2大会連続の五輪代表を決め、男子は足立和也が初めて代表入りした。

 五輪初採用となる女子カナディアンシングルは佐藤彩乃が代表に決まった。

最終更新:10/20(日) 16:42
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事