ここから本文です

【国内女子ツアー】アマの古江彩佳がツアー初V

10/20(日) 18:01配信

東スポWeb

 女子ゴルフの「富士通レディース」最終日(20日、千葉・東急セブンハンドレッドC=パー72)、1打差の2位から出たアマチュアの古江彩佳(19)が67をマーク、17アンダーとスコアを伸ばし、逆転でツアー初優勝を果たした。国内女子ツアーでのアマチュアの優勝は史上7人目。プロテストは免除され、最短で11月1日開幕の「樋口久子三菱電機レディス」がプロデビュー戦となる。

「攻めていれば、チャンスはあると思っていました」。初日、2日目は後半に思うようにスコアを伸ばせていなかったが、この日は10番パー5のバーディーで単独首位に立つと、13番からは連続バーディー。「昨日までの自分じゃないと思いました」と自信を深めた。

 3打リードで迎えた最終18番が今大会で唯一のボギー。3メートルのパーパットが決まらず「ノーボギーでいきたかったので悔しいです」と笑みを浮かべた。

 ツアー優勝によるプロテスト免除で、スムーズに手続きが進めば、今週半ばには日本女子プロゴルフ協会(LPGA)に正会員として入会。来季終了までの出場資格も手にする。

 今季出場可能となるのは4試合。「予選を通過すれば、賞金がもらえるんですよね(笑い)。全部出たいです」。渋野日向子(20=RSK山陽放送)フィーバーに沸く女子ゴルフ界に、新たなスター候補が誕生した。

最終更新:10/21(月) 16:47
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事