ここから本文です

【横浜M】採点&寸評 首位猛追ついに1差!先制G仲川、中盤制圧ボランチコンビら高評価

10/20(日) 9:36配信

スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ▽第29節 横浜M3―1湘南(19日・ニッパツ三ツ沢球技場)

 横浜MはFW仲川輝人、FWマテウス、MFマルコスジュニオールのゴールで湘南を3―1で下し、首位の鹿島と勝ち点1差に迫った。

 採点と寸評は以下の通り。

ポステコグルー監督【6・0】難なく勝ち点3。残り5戦、新監督選定で「優勝経験あり」を最優先に掲げた前体制の眼力実るか

GK朴一圭【6・0】前半29分のセーブがなければスコアが逆でもおかしくなかった

DF松原健【6・5】走行距離チームトップ12・5キロ。メロスより走った

DFチアゴマルチンス【6・5】ここぞで突進、無事回避×3。足が速いがために見逃されがちだが判断も早い

DF畠中槙之輔【6・0】足を引きずりながらだったが、得失点差考えれば最後の失点は防ぎたかったし防げた

DFティーラトン【6・0】少し停滞すると現れ、少し押せ押せ過ぎだと一歩引く。代表帰りのため後半24分お役御免

MF扇原貴宏【6・5】中盤の数的有利生かし右に左に展開。相手の飛び出しも長い足でガード

MF喜田拓也【7・0】チャンスにもピンチにも出没。チャンスでは技巧派、ピンチでは武闘派

MFマルコスジュニオール【6・0】エゴの渋滞を防ぐためか黒子役がほとんど。まさにクリリン

FW仲川輝人【7・0】瞬殺カットインからのこれまた瞬殺シュートで先制点。負傷気がかりもMOM

FWマテウス【6・5】豪快無回転FK弾。しかもリプレー見てびっくりインサイドキックだった

FWエリキ【6・0】たまにサボって英気を養っている分、溜めて溜めてドーンのプレスの威力凄まじい

FW遠藤渓太【6・5】後半15分IN。PK奪取で視察の横内コーチにアピール

DF高野遼【5・0】後半24分IN。マテウスに無理矢理SBをやらせたようなプレーに

MF大津祐樹【―】後半33分IN。出場時間短く採点なし

家本政明主審【6・5】フィンランドの教育水準ぐらい安定していた

※マリノスくん【―】J1通算450試合出場セレモニー。中沢佑二さんまであと143試合

※平均は5・5~6・0点。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

最終更新:10/20(日) 9:49
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事