ここから本文です

上沼恵美子 えなりとの共演NG報道の泉ピン子に「言い方ってある」

10/20(日) 12:52配信

デイリースポーツ

 タレント・上沼恵美子が20日、読売テレビで放送された「上沼・高田のクギズケ!」に出演。「渡る世間は鬼ばかり」で母子役を演じる泉ピン子とえなりかずきの“共演NG”報道について、語った。

【写真】えなり号泣 「素顔は…本当は…」

 発端は、脚本家・橋田壽賀子氏が今月上旬発売の週刊誌の取材に応じ、15年のスペシャルを最後に、えなり側の希望で、泉と共演場面がなくなっていることなどを明かしたことだった。泉はえなりに対し、さまざまな助言をしてきたが、えなりが泉に会うと発疹が出るなどの拒否反応を起こし、共演NGになっているのだという。

 上沼は、「言い方、ってあると思います。やっぱりね。(ピン子さんは)昔、おしゃべりの仕事(芸人)してた方ですから、ピンで。やっぱりそれは、普通のお母さんからみたら、お母さん気取りしないでよ、お母さんは私よ、という気持ちになるのは当然」と泉の“演出”に理解を示しつつも、泉側にも言い方に配慮する必要があるとの意見を述べた。

 その上で、「盛り上がりますよね。もう、30分ぐらい(カメラ)回したらええのにね。えなりさんとピン子だけのシーン、1カットで」と次作の「渡鬼」に期待。「うわ~っと。視聴率いくでしょうね。見たいね~」と共演NG報道で、逆に2人の共演シーンが実現すれば視聴率も大幅アップと予想していた。

最終更新:10/20(日) 15:39
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事