ここから本文です

【新潟5R・2歳新馬】クロフネ産駒ブライティアランドがV 黛「よくしのいでくれた」

10/20(日) 13:02配信

スポーツ報知

 10月20日の新潟5R、2歳新馬(芝1600メートル、15頭立て、牝馬限定)は、7番人気のクロフネ産駒、ブライティアランド(美浦・武井亮厩舎)がゴール前に差し切り、デビュー戦を飾った。勝ち時計は1分38秒8。

 3番枠からスタートを決めて勢いよく飛び出すと、超スローペースのなか、好位のインの3番手でしっかり折り合った。新潟外回りコースの長い直線に向くと、徐々に加速。残り400メートルを切って、鞍上の黛弘人騎手が手綱を動かすと、内側からしっかりと伸び、前で逃げ粘っていたダイナナフェアリーを残り50メートル付近でかわして、ゴールした。外から迫ったブランシュフルールを首差しのいだ。

 黛は「調教の動きから良かった。道中は上手に競馬をしてくれました。外有利な馬場のなか、なんとかしのいでくれましたね」と笑顔を見せた。

最終更新:10/20(日) 14:01
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事