ここから本文です

堀ちえみ、著書発売記念サイン会で直筆メッセージを配布 舌がんのリハビリ中のため文書で対応

10/20(日) 17:07配信

スポーツ報知

 今年2月にステージ4の口腔(こうくう)がんを公表したタレントの堀ちえみ(52)が20日、都内で著書『Stage For~舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』の発売記念サイン会を開催した。公表後初の公の場となったが、舌の治療・リハビリ中のため、質疑応答などを行わず、堀の直筆コメントが報道陣に配布された。

 コメントでは「本当は私の口からごあいさつを申し上げるべきなのですが、文章によるメッセージになることをお許しください」と前置き。今年1月に舌がんの告知をされ、2月に10時間以上の手術を受けたことを振り返り「想像を絶するほどの大きな手術でした」と振り返った。現状について「6割以上の舌を切除し、そこに太ももの一部を移植したため、まだ言語がおぼつかない状況」とし、「この病気をして失ったものは、たくさんありました。でも実際には、得たものもたくさんあったのではないかと…そんな気持ちです」とつづった。

 

最終更新:10/21(月) 6:44
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ