ここから本文です

【菊花賞】抽選突破組16番人気ディバインフォースが4着健闘 横山典「距離が合うのだろう」

10/20(日) 18:06配信

スポーツ報知

◆第80回菊花賞・G1(10月20日、京都競馬場・芝3000メートル=良)

 春の2冠の勝ち馬が不在で行われたクラシック最終戦は、3歳馬18頭によって争われた。3番人気のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)が直線で抜け出して優勝。G1初制覇をクラシックで飾った。

 騎乗した武豊騎手(50)=栗東・フリー=は、同馬の父ディープインパクトで勝った2005年以来となる菊花賞5勝目。昭和、平成に続き、令和でもG1を制し、史上初の3元号G1制覇を成し遂げた。

 2着は8番人気のサトノルークス(福永祐一騎手)、3着は1番人気のヴェロックス(川田将雅騎手)だった。

 横山典弘騎手(ディバインフォース=4着)「テンからあまり行かない馬なので、長いところが合うんだろう。最後はよく来ているからね」

最終更新:10/21(月) 6:39
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ