ここから本文です

【巨人】CSのMVP男・岡本が日本シリーズ初安打&初打点も試合に敗れ 「やり返せるように頑張ります」

10/20(日) 22:54配信

スポーツ報知

◆SMBC 日本シリーズ2019 第2戦▽ソフトバンク6―3巨人(20日・福岡ヤフオクドーム)

 巨人の岡本和真内野手(23)が、日本シリーズ初安打&初打点をマークした。

 7回2死一塁で、それまでノーヒッターだったアンダスローの先発・高橋礼から自身、日本シリーズ初安打となる左前安打を放った。得点にはつながらなかったが、相手のノーヒットノーランを阻止する一打となった。

 9回1死満塁では、守護神の森から、中堅のグラブをはじく適時打を放ち、初打点をマークした。

 それでも試合には敗れ、試合後の岡本には笑顔はなく、「こすったので、いい当たりではなかった。やり返せるように頑張ります」と次戦に切り替えていた。

 CS最終Sでは4試合で15打数8安打の打率5割3分3厘、3本塁打、7打点と大暴れし、セ・リーグ&野手で最年少となるMVPを獲得し、岡本にとっては初めての日本シリーズだ。

 第3戦は、22日に本拠地・東京Dで行われる。

最終更新:10/21(月) 21:13
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事