ここから本文です

「感じて!絵本の、人間の素晴らしさ」ミュージカル「天国の本屋」に主演「A.B.C―Z」河合郁人

10/20(日) 4:00配信

中日スポーツ

 アイドルグループ「A.B.C―Z」の河合郁人(32)が、来年1月17~25日に東京・よみうり大手町ホールで上演されるミュージカル「天国の本屋」(脚本・作詞・演出菅野こうめい)に主演することが決まった。原作は松久淳さんと田中渉さんの共著によるベストセラー小説。舞台や映画作品としても好評を博したが、ミュージカル化は初となる。

 河合が演じる就活中の大学生・さとしは、ヤマキというおかしな男に天国の本屋「ヘブンズブックサービス」の店長代理にスカウトされ、一時的に天国に連れて行かれてしまう。緑色の目をした少女・ユイが働いているが、心に傷を負っているらしく、全くなじもうとしない。だが、サトシが一生懸命子どもたちに読み聞かせをする姿に、ユイは少しずつ心を開いていく。

 河合は「この作品はファンタジーでもあり、現実でもあり得るようなストーリーです。僕は実際に神様にお会いしたことも天国に行ったこともないので、この作品で天国の世界を存分に楽しみたいと思っています。見に来ていただくお客さまには絵本の素晴らしさ、人間の素晴らしさ、そして河合郁人の素晴らしさを感じて頂けるよう頑張ります!」とコメントを寄せた。

 ヒロインのユイ役には、18日に東京・日本青年館ホールで開幕した舞台「フラガール―dance for smile―」に主演する乃木坂46の井上小百合(24)を起用。ヤマキ役はブラザートム(63)が演じる。大阪公演は1月31日~2月2日、サンケイホールブリーゼで。

最終更新:10/20(日) 4:00
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事