ここから本文です

子どもの歯並び、矯正してる家庭ってどれくらいいるの?

10/20(日) 12:21配信

ファイナンシャルフィールド

日本人は外国人と比べて歯並びが悪いといわれています。日本ではどちらかというと歯並びに対する意識が低いようです。八重歯がチャームポイントだといわれることもありますよね。

アメリカでは、歯並びが悪いことは恥ずかしいこととされており、肥満と歯並びの悪さは、自分の管理もできていないとみなされるようです。

また、歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすいということで、見栄えをよくしたいという目的以外でも歯列矯正をした方がよいといわれています。

大阪府吹田市・豊中市のまつもと歯科(所在地:大阪府吹田市、医療法人真摯会理事長:松本 正洋)は子どもをもつ母親109名を対象に実施した「子どもの歯列矯正」に関する意識調査の結果を発表しました。(※1)

今は歯列矯正する子が多いのでしょうか。ママたちが子どもの歯列矯正についてどう考えているのか見てみましょう。

子どもの歯列矯正をしていないママがほとんど。将来的にも検討しない?

現在、子どもの歯列矯正を行っているかと質問したところ、97.2%のママが「行っていない」と回答。ほとんどの子どもが矯正を行っていないことが明らかになりました。矯正している子が多いと思っていましたが、この調査ではあまりしていないようですね。

歯列矯正を行っていないと回答したママに、将来的に子どもの歯列矯正を検討しているか尋ねたところ、77.4%のママが「検討していない」と回答。歯並びが悪いのは昔と違って否定的な意見が多いにもかかわらず、8割近くのママが将来的にも矯正を考えていないとは少し意外です。

歯列矯正をしない理由は治療金額が高いから。いくらかかるのかが不安

歯列矯正を検討していないと回答したママに、「検討していない理由」を聞いたところ、「歯並びが綺麗だから」(45.1%)という意見が最も多い結果になりました。歯並びがよければ矯正の必要はありませんね。次に多いのが、「治療金額が高いから」(36.6%)という回答となりました。

歯列矯正は自由診療のため、料金はさまざまです。装置には数十万、場合によっては100万円以上の費用がかかります。また、毎月の診察や調整の費用も1000円~1万円程かかってきます。装置が外れるまで何年もかかるので、積み重ねると結構な金額になってしまいます。装置が外れてからもリテーナーをつける必要があり、継続的に歯科にかかる必要があります。このように歯列矯正は一度始めると、結構な出費が継続して続くんですよね。費用を考えると、歯並びが多少悪くてもこのままでいいか、と思ってしまうかもしれません。




歯列矯正を検討しているママに矯正を行うことへの不安を聞いたところ、「大変不安」「まあ不安」と回答した人が100%と、全てのママが不安と回答しました。

不安な理由を聞いたところ、「費用はどの程度かかるのかわからない点」が87.5%と、9割近くのママが治療費に不安を抱えていることがわかりました。

歯列矯正が完了するまでには何年もかかるため、いったんやり始めたら完了するまで費用がどれだけ必要になるのかわからないですよね。他には「開始するタイミングがいつかわからない点」(66.7%)「本当に綺麗になるのかわからない点」(50.0%)という意見がありました。

1/2ページ

最終更新:10/20(日) 12:21
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事