ここから本文です

【漫画】ギャルがくれた勇気 「救われた」の声も『ギャルが苦手なぼっち女子の話』

10/20(日) 11:11配信

マグミクス

クラスメイトと遊びに行く日、実は大事な予定があって……

 ギャルの林原さんは明るく、さっぱりとした性格です。逆に、クラスメイトの岩井さんは、おとなしい性格。「みんなで遊びに行こう」と誘われると、予定があるにも関わらず、断ることができません。創作マンガシリーズ『ギャルが苦手なぼっち女子の話』の新エピソードがTwitterに投稿され、話題になりました。

【マンガ】ギャルの明るさが勇気をくれる『ギャルが苦手なぼっち女子の話』 本編を読む

 このマンガを描いたのは、漫画家の朝日夜さん(@asahi_yoru9)。今回の作品について、朝日夜さんにお話を聞きました。

ーー朝日様がマンガを描き始めたきっかけを教えて下さい。初めてマンガを描いたのはいつ頃でしたか?

 ちゃんとマンガを描き始めたのは、高校生の時でした。本当は小、中学生の時からコソコソと鉛筆でマンガは描いていたのですが、周りからばかにされるのではないか、「キャラじゃないよ」笑われたら恥ずかしいな、とずっと隠して生活していました。

 その後ギャルばかりの高校に入り、どんな自分でも受け入れてくれる最高の環境になったので「堂々とマンガを描こう!」と、やっと本格始動しました。

ーー『ギャルが苦手なぼっち女子の話』シリーズが生まれたきっかけを教えて下さい。

 なかなか自分のマンガが会議に通らず、描くのをやめてしまおうかなと考えていた時に先輩から言われた「本当に好きなものを描いてみたら?」のひとことでした。

「私は何が好きなのだろう」と考えることから始め、「私の学生時代のギャルを思う存分活かせるマンガが描きたい!」という結論に至りました。それから完成まではとても早かったです。

ーーギャルの林原さんがとても魅力的ですね! キャラクター作りで工夫なさった点を教えて下さい。

 林原ちゃんには、実はモデルがいます。私が学生時代の時に出会ったギャルのうちのひとりなのですが、とにかく明るくて、まっすぐで、うそをつかなくて、怒らない。林原ちゃんの性格は、その子から来ています。

 そして見た目の描写は、ギャルの要素をキラキラかわいく表現しようと思い、肌はこんがり、髪の毛は明るく、濃いメイクを詰め込みました。

1/2ページ

最終更新:10/20(日) 16:00
マグミクス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事