ここから本文です

元王者マレー 復帰後初V王手、ワウリンカとの決勝へ<男子テニス>

10/20(日) 2:39配信

tennis365.net

ヨーロピアン・オープン

男子テニスのヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、室内ハード、ATP250)は19日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク243位のA・マレー(イギリス)が同70位のU・アンベール(フランス)を3-6, 7-5, 6-2の逆転で下して決勝進出を果たし、復帰後初のツアー優勝に王手をかけた。

【妨害行為にマレーが怒り】

この日、2時間22分で勝利した元世界ランク1位のマレーは、決勝で第4シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦する。ワウリンカは準決勝で世界ランク119位のJ・シナー(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

マレーが決勝へ進出するのは、2017年3月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)以来。

決勝で顔を合わせるワウリンカとは20度目の激突で、マレーの11勝8敗。直近は昨年6月の男子テニスのネイチャー・バレー国際(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)で、その時はマレーがストレートで勝利している。

最終更新:10/20(日) 2:40
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ