ここから本文です

【動画解説】火曜 東日本中心にまとまった雨 台風20号・21号の見通し

10/20(日) 14:26配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 現在、日本の南の海上には台風20号と21号があり、台風20号は間接的に本州に影響し、東日本でまとまった雨になりそうです。21号は週の後半に小笠原諸島に影響を及ぼすおそれがあります。

 台風20号は、21日(月)には暴風域を伴って沖縄や奄美に接近するおそれがあります。その後、22日(火)には温帯低気圧になって西日本に近づく見込みです。

 台風21号は、週の後半に小笠原諸島に近づいて、その後は日本の東の海上を北上する可能性が高くなっています。

 特に注意が必要なのが、台風20号です。台風の北には、秋雨前線があり、低気圧になっても湿った風を前線に送るため、前線の活動が活発になりそうです。

 21日(月)の夜から東日本を中心に雨が降り始め、22日(火)は東日本でまとまった雨になる見込みです。前線や低気圧の動き次第では、強く降るおそれもあります。
 被災地も含まれますので、今後の予報は注意深くみておくようにして下さい。
(気象予報士・長谷部愛)

最終更新:10/20(日) 14:31
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事