ここから本文です

ウッズがナイキ原宿でトークショー 萩野公介、大迫傑らの質問に回答

10/20(日) 11:01配信

my caddie

 20日、東京都渋谷区のナイキ原宿でタイガー・ウッズ(米)来日イベント「TIGER IS BACK(タイガー・イズ・バック)」が行われた。

ウッズが日本へやってきた 来日イベントのフォトギャラリー

「日本が恋しかった」と4年ぶりの来日。ウッズは21日、千葉県のアコーディア・ゴルフ習志野CCで松山英樹、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(豪)とスキンズマッチを行い、24日から同コースで開催されるPGAツアーのZOZO チャンピオンシップに出場する。

「長い間、日本でプレーしていないので楽しみ」とウッズが日本でトーナメントに出るのは13年ぶりのこと。

 初来日は1997年で「日本は最高の場所でいつも楽しんでいる。日本の偉大な選手たち、ジャンボ(尾崎将司)、トミー(中嶋常幸)、(青木)功らともプレーすることができた」と振り返った。

 また、葭葉ルミ、水泳の萩野公介、マラソンの大迫傑らがビデオを通してウッズに質問をした。

 葭葉は「体に馴染みきったスイングを修正したり新しくしたことはあるか。(その時)不安はなかったか」と質問。ウッズは「プロとして上手くなりたい、勝ちたいという気持ちがあるので修正をしたことがある。もちろん不安もあったが努力を積み重ね自分のものにした」。

 荻野の質問は「いいキャプテンの条件とは」。ウッズは「一緒に働く人たちを尊敬すること」「今年はプレジデンツカップのキャプテンを務める。去年のライダーカップ、一昨年のプレジデンツカップでは副キャプテンを務めた。責任はものすごく感じるが、同時にとても光栄なことである」と答えた。

 大迫の「モチベーションを高く保つには」という質問には「相手に勝ちたいという気持ちが大切。たくさん勝って打ち負かすのが好き」と、とにかく勝つことがウッズの活力となっている。

 最後にウッズは「今日はどうもありがとう。今週は日本のファンの前でプレーできることを楽しみにしている」と締めた。

最終更新:10/20(日) 21:56
my caddie

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事