ここから本文です

【動画】強い台風20号 沖縄・奄美へ接近 西~東日本も夜から雨 再び大雨のおそれ(20日19時更新)

10/20(日) 19:33配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 台風20号は、月曜日にかけて沖縄や奄美に接近する見込みです。また、台風の北上とともに前線の活動が活発になります。月曜日の夜は西日本や東日本も広く雨となり、火曜日にかけては東日本や東北で再び大雨のおそれがあります。

 強い台風20号は、月曜日にかけて、暴風域を伴って沖縄や奄美に接近する見込みです。台風は火曜日の朝には四国の南の海上で温帯低気圧に変わる見込みですが、この低気圧や前線の影響で火曜日は西日本から東北で雨の強まる所があり、再び大雨に警戒が必要です。

 沖縄や奄美では日曜日の夜から月曜日昼過ぎにかけて、非常に強い風が吹く所があるでしょう。台風周辺の発達した雨雲のかかる所もありそうです。沖縄や奄美では、強い風や高波、激しい雨に注意してください。特に台風が接近する大東島地方では、暴風や高波に警戒が必要です。

 また、本州の南には前線が停滞していて、台風の北上とともに活動が活発になりそうです。月曜日の午後になると、西日本や東日本の太平洋側には前線に伴う雨雲がかかり始め、夕方から夜にかけては雨の範囲が広がり、夜は西日本や東日本で広く雨となりそうです。特に太平洋側では雨の強まる所があるでしょう。
西日本や東日本の日本海側は、午前中は晴れても次第に雲が多くなり、夜は雨の降り出す所がありそうです。

 そのあと、火曜日になると東北にも雨の範囲が広がり、関東甲信や東北など、台風19号や15号の被害が大きかった地域で再び大雨となるおそれがあります。
火曜日の夕方までの24時間で予想される雨の量は、東海や伊豆諸島で100~200ミリ、関東甲信で100~150ミリ、東北で50~100ミリなどとなっています。いつもは災害が起こらないような雨量でも、被害の発生や拡大につながるおそれがあるため、土砂災害や川の増水や氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒して、危険な場所には近づかないようにしてください。

 月曜日は、北日本では晴れる所が多く、朝は冷えても日中は20℃くらいまで上がるでしょう。関東は朝から雲が多く、最高気温は東京で21℃など、また肌寒くなりそうです。体調管理にお気をつけください。

 また、きのう発生した台風21号は、日本のはるか南の海上を発達しながら北上し、週の後半には東日本に近づくおそれもあるため、今後の情報に注意が必要です。
(気象予報士・及川藍)

最終更新:10/20(日) 19:46
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事