ここから本文です

夏、打撃不振の帝京が長打攻勢で法政を圧倒

10/20(日) 12:08配信

高校野球ドットコム

 強豪・帝京に夏のシード校・法政が挑んだ一戦。夏は打撃不振に苦しんだ帝京は、打撃の強化に取り組んできた。前田三夫監督が特に意識したのは、「タイミング。ボールを見させました」と語る。

【秋季東京都大会】トーナメント表

 夏は、打撃は不振であったが、背番号10ながら、実質的にはエースの田代涼太の投球は安定していた。しかしこの試合では、田代の出来は良くなかった。

 1回表法政は二死後、3番・寺中陸人の左前安打、4番・小林吹綺の四球に続き、5番・石塚利玖の右前安打で1点を先制した。

 その裏帝京は、左前安打の2番・武藤闘夢が、二盗、暴投で三塁に進み、4番・新垣熙博の三ゴロが、野選となり、同点に追いついた。

 こうなると帝京のペース。2回裏は、1安打、2四球で満塁とし、長打力のある1番・武者倫太郎がレフトオーバーの二塁打を放ち、勝ち越した。「自分のスイングをするように心がけています」と語る武者は、帝京が初めて全国制覇した時のエースで4番打者であった吉岡雄二の打ち方を参考にしているという。

 さらに2番・武藤が四球で出た後、3番・加田拓哉がレフト柵越えの3ランを放つ。スキのない帝京は、続く4番・新垣が四球で出るとすかさず二盗。捕手の送球がそれると、新垣は三塁に進み、5番・小松 涼馬の中前安打で1点を追加した。

 走者を出しては長打が出る帝京の攻撃は、4回裏にも続き、7番・阿出川瑠己の2点適時打となる二塁打に、9番・田代の2点適時打となる二塁打、さらに2番・武藤の3ランでこの回一挙7点。15-1となった。

 5回コールドがほぼ確実な情勢となったが、法政も粘る。5回表一死一塁から1番・出田航大の二塁打で1点を返す。さらに2番・田中陽大の中前安打に、帝京の守備の乱れもあり、さらに1点を追加した。なおも法政の攻撃は続き。4番・小林は左前安打を放ったが、本塁を狙った田中は帝京の左翼手・田巻脩三の好返球で刺され試合終了。15-2の5回コールド帝京が勝利した。

 帝京としては圧勝であったが、5回はすんなり勝つことができなかったので、試合後、前田監督は開口一番「田代が悪かった」と語った。逆に言えば、すんなり負けなかったところに、法政としては、大敗の中に光を見いだせる部分であろう。

 それでも、帝京は戦力的にはトップクラスであることは確かだ。神宮第二球場最後の秋。この球場で幾多の戦いを繰り広げてきた前田監督の戦いぶりが注目される。

大島 裕史

最終更新:10/20(日) 12:08
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事