ここから本文です

デ・ヨング、相手サポーターからの大喝采に心を打つ「感謝しかない」

10/20(日) 8:24配信

SPORT.es

FCバルセロナのフレンキー・デ・ヨングは土曜日に行われたエイバル戦(0-3○)で素晴らしいパフォーマンスを披露し、試合の主役の一人となった。

バルサ、完勝で首位浮上 全ゴールに絡んだグリーズマンら4選手に最高評価『8』


79分のラキティッチとの交代時にはイプルアのサポーターからも喝采をもらった。
相手サポーターからのこの振る舞いは選手の心を打ったようだ。
「スペクタクルだった。僕ができるのは感謝する事だけだ」
試合後、『BarcaTV』のインタビューでデ・ヨングはそのように語った。


デ・ヨングはこの日、バルサの選手として間違いなく今日までのベストパフォーマンスを披露した。
右のインサイドハーフとして出場し、途中の4-4-2へのシステム変更にもうまく適応した。
レオ・メッシとルイス・スアレスとの連携も素晴らしく、前半にはメッシの決定機を演出した。


「エイバルがハイプレスをかけて来る事はわかっていた。監督から支持をもらっていたからね。回避するためにスピーディーにプレーしなければならなかった」
試合についてそのように振り返ったデ・ヨングはチーム2点目のシーンでもスアレスへの絶妙なパスで起点となった。


守備面でも非常に安定していたこのオランダ人MFはグリーズマンとポジションを入れ替えたり、セルヒオ・ブスケツをサポートするなどどこにでも顔を出した。


オレジャーナからボールを奪取し、スアレスの決定機を演出したプレーは彼の素晴らしいパフォーマンスを象徴するシーンだった。


イプルアのサポーターは彼の素晴らしいパフォーマンスを認め、それに相応しい拍手を送った。

SPORT

最終更新:10/20(日) 8:24
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事